パティ葉酸サプリ口コミ調査隊
パティ葉酸サプリ口コミ調査隊 > パティ葉酸サプリの成分・原材料から見る効果効能とは?
パティ葉酸サプリバナー

パティ葉酸サプリの成分・原材料から見る効果効能とは?

葉酸サプリと一言で言っても配合されている成分はメーカーによって様々です。
葉酸だけでなく、ビタミンやミネラルといった栄養素を配合し、妊活中から妊娠、出産までに必要な栄養素を含んでいるのが今人気の葉酸サプリなのです。
葉酸自体の効果はどのメーカーもあまり変わりはありませんが、その他で配合されている成分によっては効果効能にも若干の違いがあるため、購入時にはチェックしておくようにしましょう。
ここではパティ葉酸サプリの成分をチェックしています。

パティ葉酸サプリの原材料をチェック

ドロマイト(Ca、Mg高含有ミネラル素材)、鉄含有酵母、ケール末、海藻カルシウム、硬化なたね油、葉酸含有酵母、野菜混合末(青ピーマン、モロヘイヤ、カボチャ、サツマイモ、生姜、玉ねぎ、トマト、人参、ほうれん草、セロリ、ブロッコリー、レンコン)、澱粉

エネルギー:3.49kcal、たんぱく質:0.21g、脂質:0.10g、炭水化物:0.43g、ナトリウム:2.99mg、葉酸:400㎍、鉄:15mg、カルシウム:210mg

上記がパティ葉酸サプリのパッケージに記載されている原材料・成分表記です。
葉酸はもちろん、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンB12などのビタミン類や、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛なども配合されていて、妊娠時に必要な栄養素をしっかり補えるサプリメントとなっています。

成分から見る効果効能

パティ葉酸サプリに配合されている成分から期待できる効果効能は以下の通りです。

胎児の先天性異常発生リスクの軽減

これは主に葉酸の効果のため、だいたいどの葉酸サプリを摂取しても得られる効果と言えますが、葉酸は胎児の神経管閉鎖障害などの先天性異常の発生リスクを軽減させてくれる働きを持つと言われています。
厚生労働省が妊活中、つまり妊娠する前からの摂取を推奨しているのもそのためです。

つわりの軽減

パティ葉酸サプリに配合されているビタミンB6は悪阻の症状を軽減させてくれる効果を持つと言われています。ビタミンB6はピリドキシンと言われ、悪阻の症状で悩む妊婦の方に使用される点滴にも配合されているほど、その効果は医学的にも証明されています。

不安・ストレスの緩和

カルシウム・ビタミンB群が主にその役割を果たします。カルシウムが不足してしまうと神経過敏になりイライラしてしまうと言われています。ビタミンB群は新しい細胞を生成するためにも必要な栄養素のため、ストレスケアとしても大切な栄養素なのです。

骨を丈夫にする

パティ葉酸サプリのストロングポイントはカルシウムの吸収率です。それはカルシウムの吸収をサポートするマグネシウムも配合されているため、体内へのカルシウムの吸収率は他の葉酸サプリよりも優れているとも言えます。
カルシウムは骨を丈夫にすることで知られている栄養素ですが、妊活~妊娠時の摂取は赤ちゃんの骨や歯の生成にも大きく関わるため、必要不可欠な栄養素です。

他にも様々な効果はあるが…

パティ葉酸サプリには様々な成分が配合されているため、上記で解説した以外にも効果効能はあると言えます。
しかし、サプリメントはあくまで健康食品であり医薬品ではないため、効果効能が必ず約束されるものではありません。
また、サプリは継続的に摂取してこそ効果を発揮してくるものなので、
「飲んだからその効果が表れる」
ではなく、補助的な役割で摂取するようにしましょう。

▼パティ葉酸サプリの公式サイトはこちら▼
パティ葉酸サプリバナー